遠き君へ

〜インターネットの最果てで自分語りを垂れ流すブログ〜

2017/11/05 山本周五郎展に行きました

元町・中華街駅近くの港の見える丘公園のところにある神奈川近代文学館で開催中の山本周五郎展に行ってきました。

特別展「没後50年 山本周五郎展」 | 神奈川近代文学館

f:id:tookikimie:20171105222948j:plainf:id:tookikimie:20171105222915j:plain

(こっちはついでに行った開港記念館(横浜トリエンナーレ)) f:id:tookikimie:20171105223030j:plain

と言っても、私自身は山本周五郎氏の著作を読んだことありません。
ただ、知人が好きで読んでいたらしい、という不確かな情報を別の知人から聞いただけです。
その状況で、車内広告でこの企画展のことを知ったので、なんとなく、縁的なものを感じて行ってみたのでした。

以下、展示中に気になったところを箇条書き

  • 最初のところにあった手紙で、原稿用紙なのに横線無視して書いてるの見て、手書き感ってこういうのいいよね、って思った
  • 原稿料の前借りを基本としてて「前借魔」と呼ばれていた。二葉亭四迷に書状書かせてた
  • 本棚をバラして柩にする(最初の奥さんの時、戦時中で物がなくて)
  • 一切の文学賞を拒んだ
  • 「…「日本婦道記」 シリーズは、戦時中に発表された小説の多くが1945年の敗戦というハードルを越えることができなかったのに比べて、戦後も読み継がれている。」
  • 「よじょう」では、ラヴェルのダフニスとクロエを聴いて着想を得た表現が使用されている(同一句の繰り返し)
  • 「「小説には良い小説と良くない小説があるだけ」 という言葉に強く賛同し、純文学と大衆文学の差別を認めないと記す」
    • 「歴史か小説か」ので話
  • 「償罪感」って言葉はじめて見た気がするって思ったけど、ググっても出てこないね

読んでみたくなった著作

  • 「季節のない街」(含む「プールのある家」)
  • 「似非物語」(漢字違った気がする)
  • 「恋芙蓉」

ぐるっとパス関連以外で行ったところ

ついででまとめておく。

  • 夢の島熱帯植物館 / 2016/12/23

思ったより良かったです。(小並感すぎる)
植物園好きかもって思った。(ぐるっとパスでも植物園系行くきっかけになった)

海の真ん中から地下に入っていく建物の構成はすてき。
でも、子供連れとか外人観光客っぽい人たちとかも含めて、
めーーーーーーーっちゃ人多くて、正直疲れて途中でダレてた。
水族館はそんなに好きじゃないのかもしれない。。。
(暗くて狭くて人がぎゅうぎゅうってのがちょっとしんどい。空いてればまた違うんだろうけど。)
特に前半のところは、狭めだったからかもね。。。

宇宙と芸術展なのに、最初のコーナーに伏羲女媧図があって大興奮!
初めて生(?)で見た!
でも剥がれまくりで伏羲さんの顔はなかった!笑"
あとは、月のクレーターを音符に見立てて作曲されたシンフォニーがあって、ゆっくり聞けなかったけど、いい発想だなぁと。(この人>野村 仁 | Artists | ARTCOURT Gallery)

なんだか話題になってたので。5つくらいのインスタレーションになってて、いろいろキレイだった。
売店でインスタレーションで使われてる曲のCD売ってたから買っちゃった。
来年も行きたいかも。

  • AQUA PARK 品川 / 2017/03/19

flowers by nakedがこっちでもやってるよー(半券提示で割引もあり)って出てたからハシゴしたwww
ペンギンの餌やりとか、イルカショーとか、時間気にせず行ったのに見れて良かった。
人はアホみたいにおったけど。。。
あと、コラボ度は入り口と飲み物だけで、他はほとんどなかったw

割引券を入手できて、「サーカスって概念はみんな知ってても、案外実際に行ったことないなー」って思って行ってみた。
一番良かったのが、鉄格子の球体の内側をバイクで複数人がぐるぐるするやつで、
エンジン音がすごいから生理的に迫力を感じてしまうのと、
「えっぶつからないの!?!?」っていうハラハラ感が。
定価だとちょっと高いな。。。って思うけど、割引券の料金なら十分よかったって感じ?

横浜住んでたときに結局いかなかったなーって思って、サーカスのついでに行ってきた。
無料でこれはいいね。ライオンとかすぐそばで見れて迫力。
あと「ニンゲン」の檻とかも良いw

サーカスの半券見せると観覧車安くなるとかで、なんていうか、自分への戒め?として、
ひとりで 乗ってきましたw
あとついでで何個か乗り物にも乗ったけど、思ったより怖くてw
巨大な車輪みたいなのに乗って回るやつ、よくよく考えると上下逆さまになるのか、って気付いて乗るのやめたりしてたw
あと、DDRもあったけど、相当古い機種っぽいし、パネルの反応も悪かったような?

おひとりさまコースの締め。なんと普段は1000円なのにこの日は200円で入れた。やったねv
キレイでしたよ。はい。ひとりだけどね!

  • 貨幣博物館 / 2017/04/15

入場無料だったので、映画とか次の予定までの待ち時間でちょこちょこ行きました。
受付の人に「2回目ですよねw」って言われて恥ずかしかったw
そんなに広くないんだけど、情報量多めで、スキマ時間で行ったせいもあるんだろうけど、
半分くらいしか見れなかった。。。

  • アスリート展
    21_21 DESIGN SIGHT / 2017/05/03

ぐるっとパスの方で書いた、草間彌生展・ミュシャ展の後に、もうちょっと時間あるな、と思って行きました。
入ってすぐのところにあった動画のやつがすごかったきがする。。。

  • Point-Rhythm World-モネの小宇宙-
    ポーラ ミュージアム アネックス / 2017/07/23

TLで見かけて気になってて、ちょうど近く行ったから行ってみたけど、インスタレーションひとつだけだったからちょっと拍子抜け。
VRとかもあるって話だったけどよくわからなかった。
もしかして部屋のもっと奥まで行けたのかなぁ?もしくは、会期中にアップグレードされる???

  • ガラス彩々
    和光ホール / 2017/07/23

モネの小宇宙を見に行こうとした時に間違えて和光の本館の方行っちゃって、これの掲示を見て、
モネの小宇宙の方が物足りなかったからこっちも来てみた。
松尾一朝という人の、「珠箱 点々織」っていうのと、「ハニカム小箱」っていうの(↓のリンク)がめちゃめちゃ綺麗で、
ちゃんと手入れできるいいおうちに住めるのなら玄関とかに飾っときたい感じだった。
(でもひとつ何万もする〜〜><)
www.wako.co.jp watermark-arts.com

ぐるっとパスを使ってみました。

ぐるっとパス - 公益財団法人東京都歴史文化財団

「東京・ミュージアム ぐるっとパス2017」は一冊2,000円で東京を中心とする80の美術館・博物館等の入場券・割引券が綴られたお得なチケットブック。2ヶ月間利用可。

社会人になったら美術館とか回るのを趣味のひとつにしたいと思っていたのを思い出したので、ぐるっとパスを買ってみました。
期間:2017/05/13 - 2017/07/12

ぐるっとパス関連で行ったところ

ぐるっとパスを使うと100円引きなんですけど、企画展のチケット両方買えば100円引きで重ねがけができないのでこのときは使いませんでした。
どっちも人出が凄かった。。。
ミュシャ展の方は、スラブ叙事詩の、あのめっちゃ大きいキャンパスに執拗な書き込みが間近で見れたのが良かった。
草間彌生展の方は、鏡の部屋みたいなやつが、、、すごい。。。

行ったことなかったので、近くに住んでる友人と。雨降ってたのでだいぶ空いてて、パンダもゆっくり見れたし、小動物館?では飼育員のおじさんがサービスしてくれててよかったです。

  • アクセサリーミュージアム / 2017/05/24
    入場料1000円 → 無料

なかみは、まぁふーん、って感じ。説明は少ない。綺麗だなーとはなるけど。
モーニング ジュエリー/死んだ娘を偲ぶために、死んだ娘の髪の毛で編んだ紐をあしらったブローチとかは、そういうの初めて見たからおおってなったかも。
出口のところにある売店が、いろんなバーツとか売ってて、眺め甲斐があったな。
アクセサリー作り体験とかも1日5000円とかでやってるので1回行ってみたいかも。

  • 自然教育園(白金台) / 2017/06/17
    入場料310円 → 100円引き

都内だけあってそんなに広くはないけど、お散歩するにはいい感じかな。
水生植物園が好きかも。
あとその近くに、座敷?になってるあずま屋があって(赤ちゃん連れの先客たちがいたから入れなかったけど、)
のんびりできていいかも。

調布だけあって(?)かなり広くて回りきれなかった。
バラ園がすごくて、小さいながら温室の蘭とかも良かった。
もっかい行ってもいいかも。
ただ、帰りのバス(閉園直後のやつ)は、園に近い方は時間になっても来なくて、
園から遠い方に行った方が良い感じだったので注意。

常設展割引だったんだけど、企画展見たら常設展も見れる制度だったのでぐるっとパスは使用せず。
アンチンボルト展の方は、入口にあった自分の顔を野菜とかにしてくれるやつは、話題性がいいというか、SNS映えするよね。
あとは、野菜とか花とか動物とかのは有名だけど、本のやつとかは初めて見た。
常設展が、思ったよりボリューミーで途中で疲れてめっちゃ休憩してた。
ついででいく感じではなかったかな。。。せめて間で休憩しとくとか。
モネの睡蓮はいいですよね。

  • ディズニー・アート展《いのちを吹き込む魔法》
    日本科学未来館 / 2017/07/09
    使用せず

常設展(620円)が無料になるんだけど、行ったらたまたま無料公開日だった()
しかも行く時間が遅かったせいで結局企画展しか見なかったし。リベンジしたいな。
展示の方は、物理シュミレーターで動きを作ってからそれをアニメ的に誇張したりずらしたりする説明の動画とかあついよね。あと、モアナの説明みて泣けてきちゃった。(モアナ見てないけど)
借りてこないとだなーー
後半の絵は、デジタル絵を印刷したやつに、後ろから光を当ててるやつがいくつかあって、
印刷なのにディスプレイ感もあるし、単純に光の効果で神々しさ上がってて、結構感動した。

 

計:7施設、9展示
割引合計:2200円

ぐるっとパス自体が2000円だからギリギリペイした感じ。
案外100円引きとか、空いてない期間が結構ある施設とかも多くて、有効活用できるかちゃんと内容の詳細チェックしとかないと損する可能性もあるかも。
正直企画展100円引きは、近くのチケット屋で売ってるやつ買ったほうが安い。。。

勤め人でなければもっといけるかもだし、
いろいろ出歩くきっかけとしてはいいかもだけど、次の利用はないかなぁ。。。って感じ。

見た映画:2017年前半

すでにもう8月なんですが、2017年前半の振り返りをやります。
元はほとんど映画見ない人間(2013〜2016年で映画館に行ったの5回だけ)なのですが、
今年は「月に一回は映画館に行く」が目標なのでたくさん行きました。

映画館で見た映画

まだやってんかよwってなって、同じくまだ見に行ってない友人(新婚夫妻)がいたから3人で見に行きました。
(動員数めちゃくちゃ多いけど、それでも新婚夫妻と3人で見に行った奴はそうおるまい。。。 )
ちゃんと予習して行ったから、ファンでもなんでもないのに途中で言の葉の庭の先生(を意識しているに違いないキャラ)がいるのに気付けてよかったw
あと、TLに流れてきた監督のツイートから「ふたりが会えるのはn回」というピンポイントなネタバレをくらってたので、「今のはカウントされてたのか?いやもう一回あるよね?」みたいな特殊なドキハラ感を味わいながら見ましたw

  • 傷物語 冷血編
    2017/01/21 土 / シネ・リブール池袋

(忍ではなく)キスショットさまが好きだったので、やっと本編って感じ。
喋ってる間にいろんなサイズのキスショットが並んでる演出がよかった。

原作1巻が無料キャンペーンやってたから、その、一番ほわっとしたとこだけ知ってて見に行ったから、
後半のとことか、すずさんの怒りとか、すごい、ねぇ。

  • 彼らが本気で編むときは、
    2017/03/19 日 / TOHOシネマズ渋谷

生田斗真に自分のお母さんになって欲しくなる映画
もしかしたらアニメを除けば人生初邦画 ? あと実写映画を映画館で見るのもハリポタ3以来かも

トヨタ映画だとかソフトウェア万歳だとかの感想をTLで見てて、どこまでマジなんかと思ったら全部マジでびっくりした。
ヒロインがタブレットで入力する時カナ入力なのもあついw
(確かにqwertyに慣れてないならタブレットで一番効率的なのはカナ入力だろうなぁ)

  • ゴースト・イン・ザ・シェル (吹替)
    2017/04/09 日 / 川崎チネチッタ

ちゃんと素子さんが素子さんなのがわかってよかった。でも最後の「承認します」(だっけ?)の演出はあんまり。

タイトルだけは中学の頃からずっと頭に留まってたけど、まさかこんな話とは。
神谷がかわいかったです><

こう、映画を見てるときに思い出す相手のことを好きというんだと思う

ひとりの少女が原因であれだけの人間が死んだのはすごいことだ

  • メッセージ
    2017/06/07 水 / TOHOシネマズ新宿

「ハンナ」の名前の由来が出たところでいろいろ察して鳥肌がたった

計:10本

他(借りて見た映画)

  • 劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning- / -The Rising-
    • アニメ追う気力ないので映画で代用
  • マレフィセント
    • SFの棚にあったのでSFが少し不思議というのは本当なんだと思った
    • 愛が呪いになって再び愛に戻る映画だった(ただし男は死ぬ)
    • アナ雪と根本は同じなんだろうなと思う(“プリンセス"の呪いの解呪)
  • スワロウテイル
    • 昔これの四次創作読んで好きだったのでいつか見ようと思ってたの
    • 一つの台詞内に日本語・英語・中国語入り混じってるの面白かった
    • アゲハと麻薬王の兄妹設定回収されてないんだけど、あれ要った???
ついで:去年から今年にかけて借りた映画

君の名は。の予習

みんな誰かと出会いたいし、みんなどこかを探しているし
みんな、いつかを待ってるんだ。

-

そういう意味で、たまたまいっとき一緒に雨宿りをしたような、
そういう、ただそれだけのものでも、別にあたしは、それでよかったと思うよ。

-

それ以上の奇跡なんてないものね

その他


追記:
三葉ちゃんがもどかしく過ごした年月は、宙の向こうからのメールがたどり着きそうなくらい長いんだなぁ

音楽は魔法ではない。

アイドル、観客、アーティスト、博愛。。。

大森靖子のライブに行きました。 → 大森靖子 2017 LIVE TOUR “kitixxxgaia” oomoriseiko.info

知ってる曲なんかライブ中2,3曲しかなかったけど、なんかしょっぱないきなり泣けてくるし、
ライブとは良いものなんだなと実感しました。
というか、ライブというもの、知らない曲が多い方が楽しめるという仮説が確信に変わったかも。

メモ

  • 音楽、愛、一生(本編締め挨拶)
  • 不幸選手権
    • 妹と絶縁
      • 「呪いは呪いで返すしかないからね!」
    • 4年?付き合ってた彼女が妊娠した女性 → 優勝

前回行った別の人のも合わせて考えて、
なんていうか、吹奏楽の演奏会は生きてるって感じが得られなかったけど、
こういう系のライブは生きてるって感じが得られてなるほどな、って思いました。

後、似てると言われている(た?)らしい椎名林檎と比較すると、
椎名林檎の歌の世界は、身体性が極めて薄い世界なのに対して、
大森靖子は身体性バリバリ濃いので、
少なくとも自分にとっては真逆のタイプだと思った。
(もっと昔の曲聞いたら違うのかもしれないけど。。。)

f:id:tookikimie:20170720232544j:plain f:id:tookikimie:20170720232550j:plain f:id:tookikimie:20170720232551j:plain

Javaのメソッド参照はメソッド呼び出しをチェーンしてても使える

なぜか勘違いしていたシリーズ第2弾。

基本的にメソッド参照で書けるときはメソッド参照で書きたい派(文字列あたりの情報量が多くなることが多いから)なのですが、
なぜか、「メソッド呼び出しをチェーンした時点でメソッド参照は使えない」と今まで勘違いしてました。

でも、最後のメソッド呼び出しがメソッド参照の条件を満たしてさえいればメソッド参照使えます。

import java.util.*;
import java.lang.*;

public class Main {
    public static void main(String[] args) {
    System.out.println("---------- start1 ----------");
    // 乱数(一桁の非負整数)から素数だけを抽出
    new Random().ints(10, 0, 10)
        .filter(i -> Arrays.asList(2, 3, 5, 7).contains(i)) // ラムダ式
            .forEach(System.out::println);

    System.out.println();
    System.out.println("---------- start2 ----------");
    // 上はこうも書ける
    new Random().ints(10, 0, 10)
        .filter(Arrays.asList(2, 3, 5, 7)::contains)    // メソッド参照
            .forEach(System.out::println);
    }
}

System.out::printlnは今までも普通に使ってたのに気づかなかったなぁ。。。

これで「うおーーもっとメソッド参照使える箇所増えるのでは???」と思ったんですが、
最後のメソッド呼び出しが引数1つでそれがストリームの要素、ってわりと条件きついから
あんまり増えませんでしたね。。。(今見てる範囲だと例で使ったcontains()filter()系くらいか。。。)

あと引数0のパターンだと、これは確かにメソッド呼び出しがチェーンした時点で成立することはない、であってるかな?

プリミティブ型の配列はジェネリクスの型引数に使える

Javaではジェネリクスの型引数にプリミティブ型が使えないというのは基本中の基本だと思いますが、
プリミティブ型の配列 は使うことができます。

import java.util.*;

public class Main {
    public static void main(String[] args) {
        Optional<Integer> integerOpt = Optional.of(1);
        System.out.println("Optional<Integer>: " + integerOpt);
        // -> Optional<Integer>: Optional[1]
        
        // Optional<int> intOpt = Optional.of(1);
        // -> コンパイルエラー
        
        Optional<Integer[]> integerArrayOpt = Optional.of(new Integer[]{1, 2});
        System.out.println("Optional<Integer[]>: " + integerArrayOpt.map(Arrays::toString));
        // -> Optional<Integer[]>: Optional[[1, 2]]
        
        Optional<int[]> intArrayOpt = Optional.of(new int[]{1, 2, 3});
        System.out.println("Optional<int[]>: " + intArrayOpt.map(Arrays::toString));
        // -> Optional<int[]>: Optional[[1, 2, 3]]
    }
}

今まで使えないんだと思い込んでましたが、
配列はObjectを継承している *1 ので、まぁ当然っちゃ当然なのでした。。。

(Javaにおいて配列は、今や基本的に非推奨だと思うし、文法とか扱いが特殊だから、
使うときいつもググってる。。。)

background image is created by Niellyn & bhsav.